子猫をレスキュー

子猫をレスキュー

1月19日、ボランティアさんの知人より依頼があり4ヶ月位の男の子を保護致しました。

コンビニに突然現れ周りには母親や仲間の姿はありません。ミャーミャーと鳴き見るからに具合が悪そうで鼻水目ヤニ体はガリガリで背骨がわかるほどでした。体にはシラミもついていました。

この寒空の下命の危険なあり保護し病院へ連れて行きました。子猫にとって致死率の高い感染パルボウイルの検査もしましたが陰性で安心しました。

病院からは目薬 飲み薬を処方して頂き、インターフェロンの注射を打ち様子を見る事になりました。

幸い食欲もありご飯は良く食べます。きっとお腹をす空かしていたのでしょう。

この子は人に慣れていて触られると嬉しいようです。この寒い中早く保護でき良かったです。

今もお外で震えている猫ちゃん、どうか、厳しい冬を乗りこえられますように。

病院にて検査中の子猫。名前はポコタ君と名付けました。

子猫をレスキュー

現在ポコタ君はボランティアさんが病院費用をお支払い下さりご自宅でみて下さっています。体調が回復したら里親さん募集を致しますのでよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。